SMALL PARTY

2019年12月7日

この日は
僕がやっている
ハンドパン×アコースティックギター×歌のユニット
the caves×SHUが今年の8月に出した
最新で最高のミニアルバム
「同じ夢をみた」
発売記念イベントを大阪にある
スーパーレトロマシーンで開催しました。

たくさんの方に来て頂いて、本当に楽しかった。
来てくれたみんな、来れなかったみんな、ありがとう。

この日は、僕とKZOさんの二人で計画をした。

だれもみたことがないなつかしさ

 

この日をいつか振り返った時に、
人生のふとしたタイミングで
思い出し笑いをするように
「あぁ、あのイベントに行って良かったな」
と思ってもらえるような
イベントを作りたかった。

自分たちの音楽
自分たちのお芝居
それを見せる前に、
まずは
エンターテイメントとして
楽しんでもらえるように。

僕たちの音楽に加え、
ラッパーのKZOさん、
まっすぐに言葉を出すA8さん、
そして、この日一日を通してずっと場を繋いで縁を繋ぎ続けた芝居紳士さん。

小さなホームパーティーに招かれて、みんなが少しの違いを楽しむ。
そんな違和感を感じられるような素敵な空間になれば良いなと思っていた。

土曜のお昼に場所を貸してくれたスーパーレトロマシーン
3ステージという空間の中PAをしてくれた上に、前日にチーズケーキとカップケーキを作ってくれたはるか
はるかと共に会場を作り上げたかのんちゃん
フリーおでんやチーズケーキとさつまいものカップケーキを販売してくれたつかさちゃん
受付を担当してくれたひーちゃん
この日のチラシを作成してくれて、当日はカメラマンを担当してくれた烈くん

本当に、スタッフのみんなも温かく楽しそうに当日を過ごしていたことがとても印象的だったなあ。

 

ぼくがやりたかったこと

みんなが仲間はずれで、みんなが一人。
だから僕たちは1つじゃなくて”みんな”でいれる。
違いを楽しんで、違和感を楽しむ。

SMALL PARTY
なんだ。
小さくて、静かで、
一人ぼっちでも
楽しめるように。

このイベントをもう一回やるかなんて全く考えていないけど、
みんながまた違った場所で出会えたら、めちゃくちゃ最高だよね。

 

All Photos by 烈 “the PHOTO” 白川

ハンドパンのレッスンしています!!

と言うわけで、今回は直球タイトル!!

お知らせです!!
実は、前々から数人にだけを対象にコッソリやっていたのですが、ハンドパンのレッスンをしています!!

レッスンの詳しい情報、お問い合わせはコチラから!!!

大阪・関西中心でご興味のある方は是非ご連絡下さい!!
ハンドパンを持っていなくて、レッスンを受ける中で気に入れば本体の購入も出来ます!!

ハンドパンという楽器が少しずつ、本当に少しずつ認知されてきて、手に入れた人や始めてみたいと思っている人が増えてきたように感じる。

そんな中、
「買ったけど、意外と音鳴らない!」
「始めてみたいけど、まずは試してみたい。」
「買ってみて演奏できなかったら……」
という声も多くなってきました。

僕自身、ハンドパンは完全独学で学んだものだし、そもそも人に何かを教えるのがすごく苦手で、レッスンは今まで内緒にしてきたのですが、いよいよそうも言ってられないと思ったので、大々的に発表しました。笑

ハンドパンを持っている人はもちろん、持っていないけどレッスンを受けてみたい人も貸し出し可能です!!
場所や時間は、その人やグループに合わせます!!

どうぞ、お気軽にハンドパンを触ってみましょう!!
レッスンの詳しい情報、お問い合わせはコチラから!!!

個人的なレッスンやハンドパンの試奏体験から、少人数グループ、さらには大人数を想定したワークショップまで幅広く対応しています。

ピンッ!と来たら、きっとそのタイミング。
僕は、今ピンッ!と来たのでこうやって告知をしました。笑

自然のように、整然とした不揃いを。
人間でありながら、生き物として。
僕は、一つの大きな旗を立てるつもりはないけれど、グニャグニャに曲がりくねって穴に嵌って泥遊びをして登り坂を迂回して下り坂を段ボールで滑ってきた道がある。

突然変異でも神出鬼没でもないんだよ。

“であうたびに、恋をして”は、成功しました。

中国地方や四国地方を中心に大きな被害を受けた西日本豪雨災害において、被災地には少しでも早い復興と希望と笑顔を祈るとともに、早速現地で活動している僕の友達を尊敬し、彼らの無事を祈っています。

僕も、僕のスピードでやりたいことをやっていきます。

 

大阪にいて体感として「この雨すげーな」って思ったのは5日だったかな?

翌日に出演予定だった大阪・池田市のCAFE&BAR DAYZさんでのツイキャス配信イベントは、現地が避難指示が出ている地区であったことなどから中止となりました。

 

そして、7/7(土)のウクレレ弾き語りのかしもとゆかさん主催企画”であうたびに、恋をして”は当初、奈良・吉野の山奥にある桜木神社という場所での開催を予定していましたが、天候を考慮して急遽、近くの廃校となった、今は野外学校として運営されている体育館での開催でした!

「中止にしようか。延期にしようか。場所を変更するとしてもどこで?桜木神社じゃなくなって、こんな天候で人は来るの?そもそも人を来させていいの?家で安全にしておいてもらうことを推奨するべきでは?それでも来たいって言ってくれてる人がいる。」

きっと、たくさん悩んだ結果だったと思います。

 

かしもとゆかさんは、この日ずっと動き回っていたな。
笑顔で、来てくれた一人一人に「ありがとう」って声をかけて、司会をして、最後にはちゃんとライブをしていた。

“このイベントを今日開催した”。その意味が分かるライブだったな。

何回も、何回も「ありがとう」ってたくさんの人に言っていた。
その一つ一つにゆかさんの思いがしっかりと乗っていた。

「ありがとう」って言いたかったんじゃなくて、嬉しい気持ちとかなんか色んな感情が湧いたときに、それが表現として湧き出た結果の「ありがとう」。

僕は、その姿にすごく支えられたし、ライブで応えたいって素直に思えた。
きっとゆかさんは、「SHUくんに支えられた」なんて言ってくれるんだろうけど。笑

廃校となった小学校だから、トイレはそのまま。
1階は低学年が主に使用する場所だから、トイレの手洗い場がとても低い位置に設置されているんです。

みなさん覚えてましたか?
僕はすっかり忘れていたけど、それを見た瞬間にたくさんズルズルと頭の中の記憶が起きてきました。笑

(高学年になってから1階のトイレを使うときに「低っ!!」って友達と笑いあったな。隣にいたのはアイツじゃなかったっけ。昼休みに校内でケードロをしていて使ったんだっけな。校内を走っていたらいつもめちゃくちゃ怖い顔で怒る先生に、給食で出たいちご大福を食べながら歩いていたら見つかって、「歩きながら食べるな!」って怒られて誰もいない情報教室で泣きながらいちご大福を食べたな。とかそんなこと。笑)

僕が大好きな(知り合いの子供で、生まれた時から一緒に遊ばせてもらっている)4歳になったばかりの女の子もイベントに来ていて、2人でハンモックの下でコショコショ話をしていた。

「あのね、魔法を使えるようになるにはね、優しい友達をつくることだよ」

だって。

本当にその通りだね。

大切なことをたくさん気づかせてくれて、思い出させてくれる、本当に素敵なイベントでした。

かしもとゆかさん、本当に「ありがとう」。

また、やろうね。

次は、桜木神社で。笑

 

箱庭。

十日間ほど色々と現実的に消化しないといけない、生きる為の行いだけど無くてもいい、やってみたら気分転換にはなるけど面白くはない、そんなありふれた日々の情事と追いかけっこをしていました。僕が鬼になって、タッチしたら今度は追いかけられて。何故かどの鬼にタッチしても彼らは僕しか追いかけないから僕は走りっぱなしで。

ようやく、鬼の目に付かない木の上に隠れることに成功したので、ブログ更新。

7月はたくさんライブをします。

・2018/7/6 (金) at 大阪・池田 CAFE & BAR DAYZ
7/6(金)阪急池田駅:‪cafe &bar DAYZ 2階✴︎
『開歌1000言ツイキャス観覧ライブ』
▪️配信時間 20:00-21:00
※DAYZさんは通常営業なので、1階のカフェスペースには何時からでもご入店頂けますが、
ツイキャス会場となる2階へは、19時半openとさせて頂きます!
▪️出演:木下徹、小寺隆太、和製ケビン
▪️特別ゲスト:SHU
▪️チャージ:500円(飲食代別途)

・2018/7/7(土) at 奈良・桜木神社
→https://www.facebook.com/であうたびに恋をして-232259714215923/

・2018/7/13(金) at 大阪・池田 CAFE & BAR DAYZ
→【夏・開花前線】✳︎
◼︎会場:‪‪cafe &bar DAYZ‬(http://cafebar-dayz.jp/sp/t100316090/
大阪府池田市栄町3-2 / 072-702-3659
◼︎出演:小寺隆太/和製ケビン/ムラタトモヒロ/SHU
◼︎Open18:30/Start19:00
◼︎チケット:¥2500(1d別)

・2018/7/22(日) at 東京都・新宿 炭火タン焼き・テール料理平次
→19:00OPEN/19:30START  ¥2,000(1ドリンク、おつまみつき)

 

誰かの一瞬は引き伸ばされた退屈のせいだったり、冷たさを込めた言葉が心を溶かしたり、涙の中に僕がいたり、人混みの中で自分を見失わないように両手を結んだり。

道を歩いていたら、幼い顔をした白髪の女性に「もう、ダメね。」と言われた。傷んだ野菜に向けられる言葉。
きっと、少しの罪悪感と共にゴミ箱へ。

“サイズ違いの服を着る居心地の悪さ”は分かるけど、”見当違いの言葉を吐き出す”ことには意外と無頓着かもしれない。

明日、もしも世界が終わると知ったなら、きっと電車は動かないんだろう。
言葉が文化なら、想う気持ちは何故、例えることでしか表せないんだろう。
知り尽くせないことは、知らないことよりタチが悪いって、だから争うんだって。
どうか、怒らないで聞いて欲しい、わざとだったとしても。

ライブに来てもらえて嬉しいという気持ちを表すことは、その瞬間その場所でしか表せれないんだ、悪いとは思うけど。