【聞かれてないけど勝手に!!ハンドパンQ&A!!④】

「なんか色んな名前で似たような商品があるんだけど・・・」

そうなんです。”【聞かれてないけど勝手に!!ハンドパンQ&A!!②】「ハング(Hang)って何?」”で紹介しましたように「ハング(Hang)」から始まったこの17年の歴史の中で、実に様々な楽器が生まれました。今回はそれらをまとめて紹介したいと思います。

・スチールパン・スチールドラム

【聞かれてないけど勝手に!!ハンドパンQ&A!!③】「スティールパン・スチールドラムって何?」へGO!!

・ハング(Hang)

【聞かれてないけど勝手に!!ハンドパンQ&A!!②】「ハング(Hang)って何?」へGO!!

・ハンドパン

【聞かれてないけど勝手に!!ハンドパンQ&A!!①】「ハンドパンって何?」へGO!!

・ハピドラム

→2008年にアメリカの楽器メーカーによって製造された楽器です。音の配置や形、演奏方法や音色から察するに、ハング(Hang)あるいはハンドパンから着想を得て、それを小型化、大量生産化したものだと思います。僕自身の個人的解釈と、実際に演奏したときの感想ですが、寄せてはいるものの、やはりハンドパンはあのサイズと深み(つまり空洞の大きさ)があって初めてあそこまで幻想的でコズミックな音が出せると思っていますので、そういった意味ではやはり全く別物です。良い悪いではなく、音色も値段も全くの別物だと考えた方がいいと思います。しかし、サイズや値段の面で言えば、非常に購入しやすく、持ち運びも容易なうえ、大量生産に成功しており多くの楽器屋さんでも取り扱っているので、お持ちのパーカッションの中の一つとして加えたら面白いと思います。

 

・カイサドラム

→これは見た目がとても似ているのでハンドパンと混同されがちですが、別の楽器になります。こちらも生まれは2008年なので、ハング(Hang)あるいはハンドパンの影響を受けて作られたものと思われます。上から見た図はよく似ているのですが、上からみて分かる違いは、それぞれのTonefield(周りの凹んでいる部分)の辺りを囲むように小さな穴が開いていること。おそらく、ハンドパンの下のHoleの役割をしています。そして、下面と上面がワイヤーで固定されていて、いわば上面が宙吊りになっているようです。(僕も生で見たことがないので調べた情報のみになってしまいすみません。)そして下面は一般的には木製で、スタンドを固定するための穴や、座って演奏するときに木を差し込めるような仕様になっているようです。音色はハンドパンに近いですが、中の空洞部分での共鳴が少ないので少し軽い音になっている気がします。(動画を拝見しただけの個人的感想です。)

・タンドラム(スリットドラム)

→タン(舌)やスリット(切れ込み)という単語を使うと、ハピドラムなども入ってきてしまってややこしいのですが、一般的にタンドラム・スリットドラムと言えば木製の写真のようなものを指します(写真をパッと見たらカステラと間違えそう笑)。木箱にタン(舌)のようなスリット(切れ込み)を入れた楽器で、中は空洞になっています。音の原理は木魚などと同じで、楽器分類学に沿って言えば、ハンドパンと同じ「体鳴楽器」になります。音色としては、木製ということもあってシロフォンやマリンバ寄りではあります。しかしもちろんサイズが違うので、逆に言えばアクセントとしてシロフォン的な音を軽くパーカッションで使いたいときに便利かもしれません。

・グーバル→【聞かれてないけど勝手に!!ハンドパンQ&A!!②】「ハング(Hang)って何?」へGO!!

以上です!!他にも何かややこしい名称のものがあれば教えて下さい!!

ハンドパン専用ネットショップ”KUROBO HANDPAN(クロボーハンドパン)”

http://hang-drum.info

【聞かれてないけど勝手に!!ハンドパンQ&A!!③】

「スティールパン・スチールドラムって何?」

さあ、すっかり3回目となりましたがさらに時間を遡ります。今、僕たちは時代を逆走しています。笑

【聞かれてないけど勝手に!!ハンドパンQ&A!!①】では、「ハンドパンって何?」というタイトルの元、ハンドパンの説明をし、【聞かれてないけど勝手に!!ハンドパンQ&A!!②】では「ハング(Hang)って何?」という説明の元、少し時代を遡ってPANArt社の話をしました。そして今回は更に、PANArt社が「ハング(Hang)」を作る元になった「スチールパン(スチールドラム)」についてお話をします。

スチールパンあるいはスチールドラムと呼ばれる楽器は、1939年に発明されたと言われており、「20世紀最後にして最大のアコースティック楽器発明」と呼ばれ、現在ではトリニダード・トバゴ政府により正式に「国民楽器」として親しまれています。

何十人もの人間が一つのグループとして参加し、毎年トリニダード・トバゴ共和国で開催されている「ナショナル スティールパンバンド パノラマ コンペティション(通称パノラマ)」の映像や楽しそうな顔、賑やかな音色などを見ていると本当にカッコ良くて、映像を見ているだけで踊りたくなりますが、その楽器の発明の裏には実は暗いお話があります。

 

19世紀半ば、イギリスの占領下にあったトリニダード・トバゴでは、黒人たちは奴隷として扱われていました。そしてその中で彼らはあらゆる娯楽をイギリス人によって制限され、あらゆる楽器の演奏を禁止されました。

そして1939年、一人の男がへこんでボロボロになったドラム缶を直そうと叩いたときに、箇所によって違う音が鳴ることに気付き、この楽器の誕生に至ったというのが通説です。

その後奴隷制は廃止され、トリニダード・トバゴ共和国に住む人たちはこの楽器に魅力に取り憑かれました。話に聞いただけなので真実か分かりませんが、トリニダード・トバゴには村に一人は絶対にスチールパンを作ることが出来る職人がいて、村人からその人はとても尊敬されているそうです。笑

余談を挟みましたが、奴隷制度や人種差別などの悲惨な歴史が生み出したとは思えない明るい音色に、僕はトリニダード・トバゴの人たちへの尊敬の念が生まれます。

そしてその後、スチールパンは世界中に広まりました。最初は、「カリブ海の小さな島国で盛んな、変わった民族楽器」という認識で、いわば興味や物珍しさが先行する形で受け入れられていったようですが、次第にジャズやクラシック、ポップスなどでも広く使われるようになり、各ジャンルで有名なスチールパンアーティストも生まれていきました。

日本では1970年代後半に細野晴臣が使用したりと、割と早い段階だから使われていましたが、1980年に郷ひろみの「セクシー・ユー」という曲で使われたことによって広く一般に認知されるようになったと言われています。

と言う訳で、誰か有名なアーティストがハンドパンを使用した曲を作ってくれることを願っています。笑

さらに欲を言うなら、僕を使ってくれてもいいんですが・・・。笑

今回は、トリニダード・トバゴ共和国で毎年開催される「ナショナル スティールパンバンド パノラマ コンペティション(通称パノラマ)」の映像と共に終わりにします。

これ見たら本当に勝手に笑顔になって身体がウズウズしてきますよ!!

ハンドパン専用ネットショップ”KUROBO HANDPAN(クロボーハンドパン)”

http://hang-drum.info

【聞かれてないけど勝手に!!ハンドパンQ&A!!②】

「ハング(Hang)って何?」

前回の【聞かれてないけど勝手に!!ハンドパンQ&A!!①】では軽い説明しかしませんでしたが、「ハンドパン」と「ハング(Hang)」は似て非なるものです。前回は「ハング(Hang)」の説明を省略しましたので、今日はハンドパンの起源となるその「ハング(Hang)」について、僕の知る限りですが説明をしていけたらと思います。

ハング(Hang)を発明したのは、スイスに拠点を置く楽器製造メーカー、PANArt社。代表はFelixとSabina。

彼らは元々、1976年から母国スイスにて、トリニダード・トバゴ共和国発祥のスチールパン(スチールドラム)を作っていたのですが、そのときに「metal(金属)を楽器として捉え、研究する」ということにハマったようです。

そして、自身でPANArt社を設立し、(ほとんど山に篭るような形で)自らの金属への理解を高めるために修行をしました。

そんなある日、スイス人であり、世界中を旅していた音楽家のRetoが自身が持っていたスチールパンをチューニングしてもらおうとPANArtを訪れ、そのときにインドから持ち帰ったガタム(Ghatam)という民族楽器をFelixに見せ、「このように手で叩けて、なおかつスケール(音階)があるものを作れないか?」とFelixに尋ねました。

(↑↑インドの民族楽器ガタム(Ghatam)

そしてそのときにFelixが即席で作ったのが、単純にスチールパンを二つ重ね合わせたような、とてもとても大きなものでした。(今回貼る”’A discreet revolution’ – PANArt® Hang Documentary 2006”というPANArt社を追ったドキュメンタリー映像の中でもその実物が出てきますが、大きさや音色はともかく、下の真ん中にホールがあるなど、形は現在のものと大差ありません。)

それがハング(Hang)の、あるいはハンドパンの歴史の始まりです。

つまり、スチールパンを製造していたFelixがより芸術家としての、あるいは自己の高みに上るために立ち上げたPANArtという「金属楽器製造屋さん」に、インドのガタム(Ghatam)が持ち込まれたことによって生まれた化学反応の結果、ハング(Hang)あるいはハンドパンの歴史が始まったのです。

そこで新しい道が開けたときにFelixがまず思ったことが「こんなに大きな楽器誰も演奏出来ない」ということでした。笑

そこから小型化と音の研究が進み、現在のような大きさ、形、音色に落ち着きました。

そしてハング(Hang)の発明に至る訳ですが、楽器を歴史の順番に並べると、「ハング(Hang)とはスチールパンから派生した楽器」という分類に収まるかもしれませんが、PNArt社を追ったドキュメンタリーを見ていると、Felixはそのように考えていないことが分かります。つまり彼は、「スチールパンという楽器は自分の創造性をとても刺激してくれる楽器であり、技術や知識の元ではあるが、あくまでもハング(Hang)はどこにも似ていない全く別の楽器である」と考えています。そしてこれもあくまでも個人的にですが、僕もそのように考えています。

当初、そしておそらく今もPANArt社が掲げている理念と、スチールパンが発生した経緯は全く別物です。(スチールパンの由来については次回でお話をします。)

2013年、PANArt社はハング(Hang)の製造を正式に中止しました。常に新しいものを作っていく彼らは現在Gubal(グーバル)という楽器などを製造していますが、ハング(Hang)の広がり方が(おそらく)彼らの望んだ形ではなかったため(ドキュメンタリーの中でFelixは「ハング(Hang)は街中の大きな楽器店に置かれるような楽器であるべきではない」と明言していますが、現在のハンドパンの広がり方を見ればそれは残念ながら上手く伝わらなかったようですし、これも残念ながら僕は広める気満々です。笑 でも僕が広めるのはハンドパンだから許して欲しい。笑)、一般的な販売は受け付けず、逆にPANArt社がプレーヤーを選ぶような形で、数人のプレーヤーにより演奏されています。

より詳しく知りたいと言う方は、下の動画をご覧ください!PANArt社のドキュメンタリー映像で、約1時間あり英語版のみですが、とても見応えのある面白い映像です!

ハンドパン専用ネットショップ”KUROBO HANDPAN(クロボーハンドパン)”

http://hang-drum.info

【聞かれてないけど勝手に!!ハンドパンQ&A!!①】

「ハンドパンって何?」

まずはここから!でもここの説明がおそらくすごく大切で面倒臭い。笑

ハンドパンとは、2000年あるいは2001年にスイスで発明された「ハング(Hang)」に由来を持つ、金属製の「体鳴楽器」です。(体鳴楽器とは、簡単に言うとギターみたいに弾く楽器でもないし、トランペットみたいに吹く楽器でもないし、スネアとかコンガみたいに面(ヘッド、膜のようなもの)を張ってそこを叩く楽器でもないよということです。近いのだと、トライアングルやシンバルのような楽器になります。)

歴史を遡って見てみると、2000年にスイスのPANArt社が「ハング(Hang)」を発明した背景には、トリニダード・トバゴ共和国で発明された「20世紀最後にして最大のアコースティック楽器発明」と言われている「スチールパン(スチールドラム)」があります。

PANArt社が発明した「ハング(Hang)」や、トリニダード・トバゴの国民楽器である「スチールパン(スチールドラム)」については、また別の機会に詳しく説明をしますが、今回はそれらを元に作られた「ハンドパン」についてお話します。

ハンドパンについては、現在世界中で100以上のメーカーが確認されており、ハンドパンを持ち運ぶ専用のハードケースや、日々のケアに欠かせない専用のケアオイルなども発売されています。

インターネットなどで検索をするとあらゆる情報が出てきますが、どうもここ2年ほど日本語による更新が止まっているような気がしますので、僕なりの2017年版を作ることが出来ればと思います。

インターネット上では、ヨーロッパのいくつかの有名なメーカーや、アメリカのいくつかのメーカーを上げていたり、逆に「東南アジア産のものは粗悪品である」と書かれてあることもあります。2~3年前までは確かにそのような状況もあったかもしれませんが、現在は全メーカー確実に腕を上げてきています。特にインドネシア産やタイ産に関しては、僕自身毎回仕入れる度に変化をみることが出来て楽しいぐらいです。

この背景には、ハング(Hang)がスイスのPANArt社によって発明された当初、製造方法などが秘密にされており、楽器自体が謎に包まれた存在だったということがあります。(音色も相まってそれは神秘性を増していきました。)

しかし、2006年にPANArt社のドキュメンタリー番組を放送すると、そこから爆発的に「模造品(レプリカ)」という形で多くのメーカーが類似品(ハンドパン)を製造し始めました。(呼称については、ハング(Hang)はPANArt社が商標を取ったので、各メーカーが製造を始めたときは、「ハングドラム」「パンタム」「パンドラム」「スペースドラム」など様々でしたが、現在は「ハンドパン」で統一されている傾向にあります。また、「ハピドラム」「カイサドラム」「タン(トーン)ドラム」などにつきましては別の楽器になりますので、後に説明をします。)

話は戻りますが、そのドキュメンタリー番組をきっかけとして、近くのヨーロッパから生産メーカーが出来、順にアメリカ、アジアとメーカーの数は増え続けていき、現在も増加傾向にあります。

ここで注目したいのは、ハング(Hang)の発明元であるPANArt社がインタビューで答えた内容です。

“To state it clearly and precisely: we do not make percussion instruments, handpans or hang drums.”、”The Hang is sometimes referred to as a hangdrum, but the inventors consider this a misnomer and strongly discourage its use(wikipediaより)”

また、後日紹介しますが、”’A discreet revolution’ – PANArt® Hang Documentary 2006”というPANArt社を追ったドキュメンタリーでも同様のことを述べています。

簡単に言えば、「私たちが発明したのはHangであって、他の楽器の何物でもない。他のハンドパンと同一には考えないで欲しい」とハッキリ言っています。

つまり、製造方法が分かり、様々なメーカーが作り出した当初、その大元であるPANArt社はそのほとんど全てを明らかに「ニセモノ」だと言っているのです。

しかしその後、PANArt社の意向とは(おそらく)そぐわない形でメーカーは増え続け、切磋琢磨があり、早い段階で生まれたヨーロッパの製品はその品質を上げていきました。

現在では、有名メーカーになるとWaiting Listに名前を書くことすら止めている会社もあるぐらいで、Waitinig Listに書いても手に入れることが出来るのは1~2年後というのが通常です。

そういう意味で、僕は東南アジア産のハンドパンに目を向けています。確かに上がっていく技術と、まだ爆発的人気になってないからこそ可能な安定供給と、ブランド力がヨーロッパ産より劣っていることからくる、ヨーロッパ産に比べると値段が格段に安いこと。その将来性を考えても、アジア産のハンドパンにも未来はあると考えています。

今回はここまでです。写真はPANArt社が作った1sr Generatonと呼ばれる初代モデルと、タイ産ハンドパン、ベトナム産ハンドパン、韓国産ハンドパンです。見比べるとメーカーによって色、形などが様々なことがよく分かると思います。

(↑↑Hang 1st Generation by PANArt)

(↑↑ハンドパン タイ産)

(↑↑ハンドパン ベトナム産)

(↑↑ハンドパン 韓国産)

ハンドパン専用ネットショップ”KUROBO HANDPAN(クロボーハンドパン)”

http://hang-drum.info

【聞かれてないけど勝手に!!ハンドパンQ&A!!⓪】

ハンドパンという楽器の魅力は、もちろん「聴けば分かる」し、「観れば分かる」と言うのが一番早いです。

実際に僕が友人に説明するときも、まずは動画を見せることが多いです。

しかし、具体的な知識の吸収や、購入などに踏み切ろうと思ったときに疑問がたくさん出てくるのも事実だと思います。

それもそのはず、何せ2000年に初めて「ハング(Hang)」という形で登場した、全く新しい楽器なんだから、そもそも詳しい人の絶対数が少ないんです。

というわけで、新しく【聞かれてないけど勝手に!!ハンドパンQ&A!!】というタイトルで、ハンドパンにまつわる「これ疑問じゃない?」と僕が思ったこと(みなさんも思ってくれていたらすごくタメになるんですが)を、僕が答えていく、ということをやっていきたいと思います!!

もちろん誰かからの具体的な質問があればお答えしていきますのでお気軽にコメントでも何でもいいので聞いて下さいね。

逆に僕が間違った知識を自信満々に言っている可能性があるので、知識がある方々は読んだ上で訂正箇所があれば指摘をして頂ければ幸いです。笑

今回は導入ですので、「聴けば分かる」「観れば分かる」ハンドパンをご覧下さい!!

(僕が勝手に)世界一有名だと思っているハンドパン奏者Daniel Waplesによる演奏です。

https://youtu.be/EDQgU1CPpis

ハンドパン専用ネットショップ”KUROBO HANDPAN(クロボーハンドパン)”

http://hang-drum.info

呼吸のように

もう先々週ぐらいの話になりますが、タイミングが重なって、一週間ずっと色んな人のライブを見に行っていた週がありました。

先輩のバンド、先輩のギターボーカルとシンセサイザーによるユニット、友達のバンド、ピアニストとして世界を股にかける高校時代の友人の室内楽、友達のバンドの解散ライブ、そして母校の中学校の定期演奏会を見てきました!!

これが全部一週間のうちにあったなんて信じられないぐらい濃かったです!笑

 

僕がバンドをやっていたときから5年ほどずっと先輩として共にいてくれて、数え切れないぐらい一緒にステージに立った、メンバーやスタイルが変わってもずっとやり続けてるカッコいいバンド。

元々はバンドをしていたけど、今はギターボーカルとシンセサイザーのユニットとして、新しくてカッコいい、音楽のみに留まらないカルチャーを作ろうと目論んでいる人たち。

「バンドとして売れる」ことを真剣に考えて、でも自分たちの芯はブラさずに、「売れる」ということをポジティブに捉えてそこに向かって全力をかけるバンド。

高校生の時からピアニストとして活躍していて、今も海外の音楽学校で勉強をしながら世界中、日本中のコンサートホールで演奏をしている同級生。

小塩ピアノリサイタル

高校のときに初めて出会ったむちゃくちゃ気が合う、というより初めて見つけた僕と同じぐらいブルーハーツに人生をむちゃくちゃにされた友達が所属していたバンドの解散ライブ。

地元の中学校はそもそも生徒数が激減していて、必然的に吹奏楽部の部員も減り、ビッグバンドというよりは「規模の大きなアンサンブル」ぐらいになってしまっていたけど、顧問の先生は相変わらずで、本当に頭が上がらない。そんな、かつての僕が所属した吹奏楽部。

吉中定演2

彼らのうちの何人かが、今の僕の歳になっても本気で音楽と向き合ってくれていたら、それはなんて素晴らしいことだろう。僕の同期だった友達は、今も音楽をやっているのか、今も音楽は好きなのかな?僕にあのバンドを教えてくれたあいつは?あのロックの魅力について中学生のときに夜遅くまで話したあいつは?

 

僕にとって、あの頃からずっと世界を回しているのは『芸術』だった。政治だと言う人も、お金だと言う人も、ご飯だと言う人も、スノボーだと言う人も、サッカーだと言う人も、宗教だと言う人もいるだろう。

みんな、変わっていく。それはいいよ。僕も、変わっていってるんだろう。そんなことよりも、みんな、どうしてる?

 

“今まで出会えたすべての人々にもう一度いつか会えたらどんなに素敵なことだろう”

 

みんな、変わっていく。だけど、「ここにずっといるよ。」って言ってくれる人や景色があるのは幸せなことだ。中学校の4階、音楽室前の廊下から見える景色。

吉中音楽室前廊下からの景色

そんな、どうしたってセンチメンタルになっちゃうお話。笑

あ、それと僕の第2弾PV”train window”発表されましてので、見てください!!笑

 

天井の影と焦り

みなさん、もうご存知だったらすごく嬉しいのですがつい先日”KUROBO  HANDPAN(クロボーハンドパン)”という日本唯一、そして取扱量ももちろん日本一の”ハンドパン専用ネットショップ”が完成しました!!

ハンドパン専用ネットショップ”KUROBO HANDPAN(クロボーハンドパン)”はこちら!!

もしまだ見ていないという方は、是非一度足を運んで頂けると嬉しく思います。まだまだ未熟だし、産まれたてのネットショップだけど、僕の思いを、理想の未来をインターネット上に体現したとても大切な僕の分身です。

そして、もしよろしければ、あなたの持っているその素晴らしい、あなたにしかない力を使ってこのネットショップの存在を、どんな方法でもいいので1人でも多くの人に伝えて欲しいと強く願います。

ハンドパンという楽器のことを何も知らない人にも、知っているけど演奏している人や教えてくれる人が身近にいないという人にも、音楽にさほど興味がない人にも、そしてもちろんハンドパンを探し求めている人にも、1人でも多くの人に届いて欲しいと願っています。

かつてはクラシックが世の中の主流でピアノが流行っていて、今はロックが大きく台頭している中でエレキギターが当たり前みたいにカッコいいみたいに、ハンドパンは次世代の楽器の中で代表的存在になれると信じています。僕はハンドパンに、それだけの可能性があると結構本気で信じているんです。

 

ネットショップでは、Tシャツとか缶バッジとかステッカーとか、可愛いロゴを使ったオリジナル商品もありますのでそちらも見てもらえると嬉しいです!!

 

天井に映る影の形が、光の屈折によって実物とは全く違うように見えるように僕は「僕」と「ネットショップ」を行き来しているのかもしれない。

長い物語のページが順調にめくられていくことが、僕の時間と物語が終わりに向かっていることを告げているのに、肝心の僕自身もまた暖簾のようにそれを受け流していることに焦りを感じているかもしれない。

それでも、自分を大切にして、精一杯「明日」という未来を夢見て今日を楽しめたらと思います。

きっと、悩んでいることの大半は「悩みたいから悩んで」いたり「立ち止まりたいから悩んで」いるだけなんだ。

 

リビングの壁にかけられた一枚の大きな絵が小さい頃僕は好きだった。好きという表現が正しいかは分からないけど、よく見ていた。そんなことを今さら思い出したからって僕の全てがそこに引っ張られる必要はないさ。

日本初!!!ハンドパン専用ネットショップ”KUROBO HANDPAN”OPEN!!!

ずっとずっと早く発表したくて仕方がなかったですが、ようやく始まります!!

日本初にして唯一、そして品揃えも日本一だと自負している、ハンドパンのみを専門的に取り扱うネットショップ”KUROBO HANDPAN(クロボーハンドパン)”がいよいよオープンしました!!

ハンドパン専用ネットショップ”KUROBO HANDPAN”

本当に!!本当に色んな人に助けを借りながら、多くの人にコンタクトを取って助言を頂いて完成したネットショップです!!ありがとうございます!!

取り扱い商品は現在のところ、4種類のそれぞれスケールも音数も出身地も値段も違うハンドパンと、ハンドパン専用のハードケース、ハンドパン専用の日々のケアオイル!!

さ!!ら!!に!!

調子に乗ってTシャツと缶バッジまで作りました!!考え方がバンドをしていたときとあんまり変わってないです。笑

し!!か!!も!!

なんと今なら全品20%オフです!!!正直めちゃくちゃお得だと思います!!!(あ、Tシャツと缶バッジは20%オフじゃないですが笑)

期間中に購入してくれた方には、こんな特製ステッカーまでお付けしちゃいます!!!

 

僕がたまたまYoutubeで見つけて惚れ込んだハンドパンという楽器。「やりたい!!」とももちろん思ったのと同時に「こんなにいい楽器、みんなにも演奏して欲しい!!」とも強く思いました。

そして、今の日本でハンドパンを手にいれることの難しさも身を持って経験して、それでもどうにかここまで来れました!!

叩けば音が鳴って、メロディーもリズムも全部一人で生み出せて、持ち運びまで出来る楽器、ハンドパン。この魅力をたくさんの人に伝えて、好きになった人が気軽に買える日本に少しでもしていきたいと思います。

安心してショップを見てもらえて、ゆっくりと選んでもらえて、気軽に相談をすることが出来て、お気に入りのハンドパンを手にいれることが出来る。そんな、今までにない”ハンドパン専用”のネットショップにしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします!!

たくさんの人がこのサイトに訪れてくれれば本当に嬉しく思いますので、どうぞみなさん、僕の思いをインターネット上で体現したこの愛おしくて仕方がない”KUROBO HANDPAN(クロボーハンドパン)”を広めてやって下さい!!

多くの方が気軽に来店されることを願っています。

協力してくれたみなさん、本当に本当にありがとうございます。ようやくスタート地点に立てた気持ちですが、これからも精一杯頑張りますので応援よろしくお願いします。

 

 

3/31 21:00 第二弾PV “train window”アップします!!

今日は大事なお知らせ!!3/31(もう明日!!笑)の21時に第二弾PVをアップします!!

前回の”circle”アップ時に「これから毎月新曲をPVで発表していきます!!」って言っていたの、覚えていますか??もしも、すごく嬉しいことに覚えていてくれてる人がいたら、さらにその中で楽しみにしてくれている人がひょっとしていたら、「こいついつになったらアップするんだ?もう守れてないじゃん」なんて思っていたかもしれない。笑

そんなありがたい人は、焦らしてごめんなさい。でも、明日の21時アップなら、約束破棄まで3時間も余裕があります!!笑 もうね、余裕のヘッチャラです。笑

・・・嘘です、全然余裕じゃなかったです。笑 別に誰かに言い訳するんじゃないですけど、音を録ってくれるエンジニアの友達とのスケジュールの兼ね合いでギリギリになってしまい、現に明日アップする新曲の音源はなんと、昨日録りたてのホヤホヤなんです!!

それでも、なんとか頑張って間に合わせました!!本当に、頑張りました!!だから、出来ればみなさんも少しだけやる気を出して、ポチッとボタンを押すやる気だけ頂きますが、僕のPVを見てくれると、すごくすごく、もうめちゃくちゃ、本っっっっっっ当に嬉しいです!!!!!ワンクリックで喜ぶ人がここにいます!!笑

 

前回のレコーディングは兵庫にある東垂水ルーテル教会という場所をお借りしましたが、今回は大阪アメ村にあるライブハウスSUNHALLでレコーディングしました!!場所を貸して頂きありがとうございました!!

2017.3.29ハンドパンレコーディングwithしょうごatサンール1

毎度毎度が挑戦で、今回も友達とあーだこーだ言いながら頑張ってやりましたので、まだまだ未熟かもしれないですが、演奏も録音も映像も「今の僕」です。どうぞみなさん、等身大の僕を愛してやって下さい。笑

しょうご、こんな難しい楽器の録音に毎回一緒に頭を悩ませてくれて本当にありがとう。すごく猫背な写真だけど感謝しています。笑

2017.3.29ハンドパンレコーディングwithしょうごatサンール2

というわけで、どうぞ!!明日の夜!!PVを見てくれるとすごく嬉しいのでよろしくお願いします!!あ、今回の音源は是非ともヘッドフォンでの視聴をおススメします!!

 

あ、今回はレコーディングのときにこんなアナログで可愛い卓も登場しました!!笑 数字のメーターが電子じゃなくてつまみを上げると中に印刷されている部分が見えてくるというアナログさ。なんか可愛くて写真撮っていたので載せておきます。笑

2017.3.29ハンドパンレコーディングwithしょうごatサンール3

 

渡世(わたらせ)

最近、少しづつですが暖かくなってきましたね!!

冬眠から覚めるように外に出る機会もみなさん増えたのではないでしょうか??

僕も、冬の間は家にこもってハンドパンの練習をしていましたが、一昨日と今日は近くの扇町公園に行って練習しました!!いつ行ってもたくさんの人達がやりたいことをやっているこの公園が、僕はすごく好きだ。

サッカーの練習、野球の練習、ランニング、ダンスの練習、子供連れ、家族、カップル、なんかよく分からない暇そうな人。笑

 

ハンドパンの練習をしていると、たくさんの人が声をかけてくれます。

「それなんて楽器?」

「公園が何か流してるんかと思った」

はよく言われること。でも、一つ一つの反応がすごく嬉しい。

 

今日は、この後ダンスのコンテストだという小学生のグループが声をかけてくれた。最初はよそよそしく控えめだったのに、どんどん僕に慣れてきたのか、たくさん話をしてたくさんハンドパンに触ってもらった。

「初めて音楽聴いてカッコいいと思った!」

「将来これやる!」

とか、めちゃくちゃ嬉しかったな~。

鬼ごっこを抜けて聞きにきて、お昼ご飯を持って聞きにきて、友達を呼びに行って聞きにきて、オヤツを持って聞きにきて……。笑

ずっと僕のそばにきて音を聴いてくれました。

楽器の名前も僕の名前もここのHPも教えてあげた。求められたから握手もしたけど、将来、彼らの記憶に僕はどう残るんだろう。もう一度会えたらきっとすごく楽しい。でももう二度と会えないとしたら、僕は彼らにとって幻みたいになるんだろうか。20年後とかにふと、「そういえば昔、公園でなんか変な楽器してるおじさんと仲良くなったな」なんて思ってくれたら、それはそれで嬉しい。

 

彼らから僕は、とても元気をもらって、懐かしくて暖かい風が吹き抜けて、まだまだ上を向いていけるという確信をもらいました。

あとは物質的に、オヤツももらいました。笑

扇町公園お菓子

 

明日もあの場所で練習をしよう。きっとまた誰かに会える。

今日のタイトルは、僕が練習していた場所の塀に書いてあった落書き。『とせい』と読むみたいですが、学がない僕は『わたらせ』と読んでしまい、気に入ったのでコッチで。笑

それにしても、なんであそこに『渡世』なんて・・・。誰が書いたんだろう。笑

『わたらせ』というと、森高千里の『渡良瀬橋』が出てくる。すごく良い曲です。