『無題』という題。

あの時僕は14歳だった。僕が当時、そして今も抱いてる、漠然とした『世界』あるいは『社会』に対して感じていた、漠然とした『違和感』あるいは『拒否反応』。全部を壊してくれた。全部を受け止めてくれた。僕が今の僕を説明するにあたって絶対に必要な音楽に出会った。

1年後、『世界』あるいは『社会』に対する『違和感』あるいは『拒否反応』を体現することが出来るようになった。自分の人生を賭けて巨大なそれに立ち向かう機会を与えてもらった。

10年間、それが全てで、僕を説明する1番大きなものであり続けた。

26分の10。『自我』とか『将来』とかを考えだした年齢を差し引けば、それはほとんど『僕自身』だった。

僕らの活動は、例えるなら君たちは高校生で、学校に行くたびにクラスメイトと文化祭の準備をして、1週間に一度は本番が来るようなものだ。10年間来る日も来る日も、文化祭の準備、準備、準備、本番、準備、準備、本番、本番………。「1年に1度の、本気にならなくてもいいのに本気になる真剣な遊び」。それが10年間毎週続く。

最高の本番も最低の本番も、最高の準備も最低の準備も数えきれないぐらい。

 

でもこれは例え。もちろん僕らは『クラスメイト』ではなかった。でも、

『友達』と呼ぶには節操がなく、

『恋人』と呼ぶには恋愛感情がなく、

『家族』と呼ぶには親近感がなく、

『旧友』と呼ぶには安心感がなく、

『仲間』と呼ぶには最終到達点がなく、

『親友』と呼ぶには互いを許せる心がなかった。

それはもう、1つの言い方でしか表せない関係だった。

自分がいつか死ぬことは分かっているつもりのくせに、それに終わりが来る事は分かっていなかった。

騙したことも怒ったことも尊敬したことも認めたことも認めれなかったことも隠したこともあった。僕がこうだと言えば一方はああだと言う。”I say yes. You say no.”が日常だった。

あそこに行ったことも、あそこに行ったことも、「旅行」や「遊び」ではなかったけど、「仕事」でもなかった。でも、その中のどの枠組みで行くよりも楽しかったと断言出来る。

 

互いのことは、言葉で交わすよりもずっと多くの事を分かっていた。10年間、会う度に相手の心と気持ちが向かいたがっている方向を探し合っていたんだから。だから疎かになっていた部分もあるんだろうけど、そこに後悔はなかった。

 

僕がこんな事を書くのは、思うのはおかしいのかな。でも、自分で選んだ結果だとしても、『寂しさ』ぐらい感じさせてくれよ。そして、君は整理がついているのか分からないけれど、お礼ぐらい言わせて欲しい。

今まで、本当にありがとう。君と『バンドメンバー』で僕は本当に誇らしかった。幸せだった。一生の自慢だ。

そして君は、間違いなく世界一のボーカリストだ。10年間一番近くで聴き続けた僕の確信。

この先、僕たちはどうなるんだろう。どういう関係なんだろう。何て呼ばれるんだろう。なんて枠組みの関係になるんだろう。そんな、どうでもいいことが少しだけ頭をよぎった。

IMG_0415

言葉にならないぐちゃぐちゃを、とりあえず「ありがとう」という言葉で

またまたバンドの話になってしまいますが、そのことも含めて色々お話を!

昨日は僕がやっているバンド、DAMの初ライブから丁度10年目をお祝いするワンマンライブを行いました!大阪はアメ村にあるCLAPPERというライブハウスで、メンバー全員ステージではなくフロアでライブをして、お客さんは360度好きな位置から見ることが出来るという楽しいものでした!

今までもたくさんの人が僕たちを助けてくれたことは以前のブログに書きましたが、(まだ読んでない方は『10年』を見てください!)昨日について言えば、いつも僕らのわがままを最大限に理解して協力してくれるCLAPPERという最高のライブハウスと店長福さんを始めとするスタッフの方々、10周年ワンマンに合わせてコラボデザインTシャツを作ってくれたRIP DESIGN WORXXというイカしたファッションブランドのなおやさん、ジャケット型パッチを作ってくれたガナリヤ、サイレントニクスのたいちゃん、フライヤーをデザインしてくれた加藤、レコーディングをしてくれたSTUDIO COOPERの永田さん、もちろん来てくれた皆さん、来れないのを悔やんでメッセージやSNS上に書いてくれた人たち、えっと、あと誰か忘れてないかな。こうやって具体的に書くと誰か忘れてると失礼だから緊張するよね。笑 ありがとうございました!!

13895363_844406142369386_956870849180815512_n20160811_055043602_iOS

ハンドパンという楽器を手に入れて、ゴミドラムと共にストリートパフォーマンスを始めたとき、僕は自身のバンド活動とは全く別物にしようと最初思っていました。なぜなら、とても過激で失礼な言い方をすればこの活動は僕にとって「ライブハウスとの決別」だったからです。音楽って楽しいし、生の音楽はとても魅力的なのに、ライブハウスという場所はある意味では「人を選んでる」から。だから僕は一人で街中に飛び出すことにした。でも、昨日来てくれた人の中には、ストリートを通じて友達になって来てくれた人もたくさんいたし、逆にずっと僕のバンドを好きでいてくれてる人が「そういえばストリートはいつどこでやってるんですか?見に行きたいです!」って言ってくれる人もいました。だから、これはみんなが僕に気付かせてくれたことだけど、どっちもしっかり活動をして、ハンドパンやゴミドラムをストリートで一人で演奏する僕も、バンドでライブハウスのステージに立つ僕もしっちゃかめっちゃかにして色んな人や感情や場所がクロスしていって、ウネウネとモヤモヤと言葉にならないうねりや歪みが出来て、一つのムーブメントになればいいなと思います。

あ〜、なんかまだ上手く言葉に出来ないな〜。ありがとうだけじゃ伝わらない思いがたくさんあるんだよ!でも、言葉に出来ないっていいよね。だから僕は直接人に会って、目を見て話をして、握手をして、ハグをして、色んな仕草をつぶさに見ることが好きだ。

とりあえず、SNSからの拾いもんの写真を何枚か!昨日はカメラマンも入っていたので、別の形で多分すごい写真をまた今度あげます!まだまだ、バンドもライブハウスもハンドパンもゴミドラムもストリートパフォーマンスも続くぜ!!そんな気分!笑

13912361_897269280378394_7361992484534252361_n13882304_897269173711738_404335725181882621_n

昨日は終わってから先輩の家にお泊まりさせて頂いて爆睡しましたとさ。笑

13907076_1131866610228234_2155571094742097407_n

10年

今回はバンドの方でのお知らせですが、読んで欲しいです!!

8/11に大阪アメ村にあるclapperというライブハウスにて、僕がやっているバンドDAMがワンマンライブをします!!この日はなんと、DAMが初めてライブをしてから10年目なんです!10年前の8/11、高校1年生の夏休みに、京都のMOJOというライブハウスでBRAHMANのコピーバンドをしたのが初ライブでした。

それから10年、ギターは2回抜けましたが、僕とギターボーカルとベースの3人はずっと一緒にやっています。結成当初から全員本気で、何回も(ときには殴り合いの)ケンカをして、生活環境や性格、考え方は変わっていっても解散の危機という事態には(僕が知る限り笑)ならず、この3人でずっとやれていることに感謝です!僕たちだけでは絶対にたどり着けなかった10年ですが、僕も少し貢献したのでちょっとだけ褒めて下さい。笑 あとはメンバーと家族とライブハウスの人達とお客さんと運と恵まれた今の日本と太陽と生命と海に感謝!!!

10年の時を経て、DAMというバンドがどう変わったのか、何を変えなかったのかを本当に見て欲しいと思います!あの時将来の事なんて何も分からなかった15歳の高校生が、世間では社会人4年目にあたる25歳になっても同じことを本気でやっている、その現時点での集大成を一度見に来て欲しいと言っているんです。ぜっっっったいに来て良かったと思える時間と場所を提供しますので、本当によろしくお願いします!

高校から大学、そして社会に出ても、住む場所が変わっても、隣にいる人が変わっても、仕事が変わっても友達が新しい命を育んでも、親戚や友達やペットが亡くなっても、大災害が起きても変わらずに続けてきたこのバンドの今を見に来て下さい!!

このブログにはとても書ききれない思い出と、努力と楽しさと悔しさと、何よりも感謝の気持ちがあるのですが、当日是非遊びに来て、その僕の気持ちを五感で感じ取って下さい!!

8/11(木曜・祝日)山の日です。19:00 open, 20:00 start、チケットは2500円+1ドリンクで、入場特典として新曲2曲を含む、僕たちが今まで音源にしてきた曲たちが入ったヒストリーデモCDと、ジャケット型パッチをプレゼントします!!

どうかよろしくお願いします!興味のある方はコメントでも直接連絡でもFacebookでも何でもいいのでお待ちしています!!

20160707_064831000_iOS