ハングドラムでラッパのマーク

毎日ハングドラムを触っていると、本当に新しい発見がふと出てくるもので、楽しくて楽しくてたまりません。動画で見るよりも、実際に見るよりも、自分で触って音を出すのが最高に気持ちい楽器だと思います。

さて、そんな中でいつも通り何も考えずにただただフリースタイルでハングドラムで遊んでいると「あれ?今の・・・」ってなるタイミングがありました。落ち着いて、もう一回、思い出しながらその箇所を特定の順序に従って叩いてみると・・・。やっぱり!!これあれじゃん!!なんだっけ!!ってなりました。笑 そして何回も叩きながら思い出しました。お腹の調子悪いときによく効くやつだ!ラッパのマークだ!正露丸だ!!笑 ハングドラムはこんな風に僕を楽しませてくれることも出来るスグレモノです。「ハングドラムを購入してから、急に女の子にモテるようになりました!」とはならないけど。笑

さて、明日はいよいよお昼の扇町公園でハングドラム&ゴミドラム初演奏!人がいるところに出向いて聴いてもらえるように演奏する。少しの緊張とはちきれそうなワクワクです。10時ごろからの演奏を予定していますので、散歩がてら来れる人はどうか見に来て下さい。

扇町公園で撮影part2

以前にアップしたのと同じときにもう一つ動画を撮って、youtubeとfacebookにはすでに投稿したのですが、HPでまだ紹介してなかったので、今回はそちらを載せます。そしてありがたいことにこの動画が100再生を突破しました!!みなさん見ていただいてありがとうございます。

僕は普段あまり「数字」に囚われたくないなと思いながら生きているのですが(これは本当に難しい、気づいたら世の中に溢れる数字を気にして生きている自分になっていることがよくあります。)、自分がこれは絶対に面白い!って思えるものがあって、それに共感してくれる人がいることを自分が気付ける一つの指針として、この数字は大切にしていきたいと思います。

そして、前回はあまり人がいない夜の扇町公園での撮影でしたが、1/17の日曜日には初めて昼間にやってみようと思います。それぐらいの人がいて、どんな反応をされて、どう繋がっていくのか全く想像がつかないですが、僕の中には楽しみだけが湧き上がっています。

ので、もし良ければお時間がある方は遊びに来てください。撮影もするので映って下さい。生音で聴くと、動画の何倍もハングドラムの音の心地よさに気づいてもらえると思います。時間は朝の10時ごろから正午までぐらいを予定しています。寝坊したらすみません。笑

では、おめでとう100再生突破!!!!

音楽の回帰的革命

一応サブタイトル的な感じで「音楽の回帰的革命」という題を掲げていますので、まあそのまんまだけどその意味について少し。

元々音楽が好きだった僕は姉の影響で中学生のときに吹奏楽部に入部し、そこでドラム、打楽器に触れて現在に至ります。そして今の僕が打楽器というものに期待し、信じている可能性こそが「音楽の回帰的革命」なのです。

音楽の一番原始的な形は、間違いなく「リズム」だと思います。歩く、手を叩く、合図を出すなどの中で生まれたリズムはもはや人間の中に刻み込まれたものです。そのリズムの楽しさ、心地よさに身を委ねることを思い出す作業を、僕はハングドラムという最近生まれた楽器と、ゴミドラムという気軽で情熱的なパフォーマンスでみなさんに伝えたいと思っています。それこそが僕の「音楽の回帰的革命」に込めた想いです。

堅苦しいわ。笑

夜の大阪とハングドラム

20160113_123534731_iOS

というわけで、写真も何枚か撮ってきました。夜の大阪の大きな公園でハングドラムを担ぐ自分。何か大きな可能性を感じるような一枚です。画質は良くないですが。笑

この後ろの灯りの中にいる人達が1人でも多く、ハングドラムの存在を知り、リズムや音楽の楽しさ、気軽さに気付いてくれるように僕はまだまだ色んなところで演奏して、いろんな人とつながり、表現を続けていきます。すでに重苦しい投稿ですが、普段はもっとチャランポランです。笑

扇町公園で撮影

今日は扇町公園という大阪の大きな公園に行き、初めて外でハングドラムを演奏してついでに撮影もしてみました!

寒い大阪のど真ん中で演奏するのはとても気持ち良かったです。仕事終わりの会社員の皆様は早く家に帰るために立ち止まってはくれなかったけど、心の中に少しでもこの音が響けばいいなと思います。

暖冬ですが、今日は最近にしては冷え込みましたね。ただ山あいの中で育った僕にはなまぬるかったです。笑