台湾行ってきます!!

今日も幸せなお知らせです!今月の25日から28日にかけて、台湾に行ってストリートライブをしてきます!!これはすごい!めちゃくちゃテンション上がる!僕はこのハングドラムとゴミドラムでストリートライブをし始める前から、海外でやってみたいという思いが強くありました。もちろん日本における生の音に触れる機会を増やして、ストリートの楽しさや音楽の気持ち良さを肌で感じてもらい、音楽への入り口を広げたい気持ちが大きくあるのですが、それでも、いやその為にも海外には行ってみたいと思っていました。アメリカやヨーロッパでの外国人のストリートの映像を見たりしていると、(もちろん僕の知名度や技術力不足も圧倒的にあるのでしょうが)、通りかかる人のノリの違いや、ストリートパフォーマンスが自然に受け入れられている様子がよく映っていて、じゃあ僕が同じ場所で行ったらどうなるのかっていうのをすごい試してみたいのです。そしてその思いはバンドの方でマレーシアツアーを去年の夏に行ったときにより強くなりました。今回は台湾ですが、そこにもストリートパフォーマンスを多くの方が披露している場所があるらしいので。同じ場所にずっといると、そこの文化や空気感が当たり前になってきて見えないものが、海外に行けば分かる、なんて言えばとてもチープに聞こえますが、音楽は国境を越えるなんて言えば古臭く聞こえますが、それでもある意味ではそれは正しいと思うし、僕は僕と僕のやりたいことと信念と音楽が受け入れてくれると、正直に言えばわかっているので、それを証明してきます。うん、なんか堅苦しいな。笑 そんな大げさじゃないですすみません。笑 ただ遊びに行くだけです。笑

それにしても、実は一人で海外に行くのも、台湾に行くのも、ドミトリーハウスに泊まるのも初めての経験なんですよね。笑 ストリートライブする前に色々つまづきそうです。誰か経験者の方などいたら面白い、役に立つ情報あればすっごい教えて欲しいです!とにかくこんなにずっとワクワクすることが続いて僕は本当に幸せだ。もっともっと色んなことを色んな人と吸収して、共有して、おっきなムーブメントに早くなればいいのに。

ということで、みなさん応援よろしくお願いします!偶然台湾にいる人は見にきてくれるととてもテンション上がります。

知識と技術とストリート

Facebookでも急遽告知しましたが、今日も梅田のヨドバシカメラ前で20:00〜21:15ぐらいまでハングドラムだけ持ってストリートライブをしてきました!本当はもう少しやりたかったんだけど、一瞬雨が降ったのと、寒すぎたので1時間ちょいで断念しました。ゴミドラムを最近やっていないのは、運搬方法を少し考えないと、今の形ではすごい運びづらく体力を取られるというのと、仮にも長年ドラムや打楽器をやってきたものとして、この気候の中では自分のベストが出せず悔しい思いをするというのが理由です。とりあえず何かいい運搬方法が出来次第、寒くても再開しようとは思っていますので、そちらを楽しみにしてくれている方がいれば、もう少しお待ち下さい。いや、それにしても土日があったかすぎたから昨日と今日がとても寒く感じますね。それでも1時間の間に何人かの人が話しかけてくれました!一人目はドラムをやっていたという男性率いる同じ会社っぽい方々男女5人組。酔っ払っていたのか、普段からテンション高いのか、僕を見てテンションが上がってくれたのかわかりませんが、とても楽しそうに「初めて見た!」って言ってくれて、ハングドラムに触ってもらい楽しんでもらいました。その後も遠目に「すごい」と言ってもらえたり(僕のことじゃなかったらとんでもない自意識過剰ですが笑)、何故か真顔で頷かれたりしました。笑 そうこうしているうちにしばらくすると、一組のアジア人っぽい男女が近づいてきて「awesome!」って急に言われたので拙い英語でなんとか会話しましたが、シンガポール出身オーストラリア在住の方でした。そして「聞いたことないぐらい綺麗な音色ね!触ってみてもいい?」とおそらく言われ、存分に触ってもらいました。最後には外国人にありがちな日本語のミス「ガンバリマス!」って言われたので満面の笑みで「サンキュー!!」と言い返してお別れしました。笑 ハングドラムを持ってストリートパフォーマンスをすれば梅田にいながら国際交流も出来る!笑

まあそんなこんなで、今日のお昼はすごいモヤモヤした気持ちで、自分の実力や知識のなさに少しだけ悲しくなりましたが、ストリートライブをすることで逆に僕が多くの人たちに力や元気をもらい、改めてストリートでやることの意味を教えてもらいました。実力が、知識が足りないといって動き出せないのは悔しすぎるので、これからも拙い知識を、英語を、技術を少しずつ増やしながらあらゆるところでやっていきたいと思います。まだまだ始まったばかり、これからもよろしくお願いします。

居酒屋 ふるやでライブ!

昨日は川西能勢口の居酒屋 ふるやさんでハングドラムのライブをしてきました!事前に告知をして、仕切られた空間の中で演奏をするのは初めてだったのでとても緊張していましたが、演奏開始の1時間半前には到着して先に飲み食いしてたので、演奏時間にはすでに気持ちいい感じになってました。笑 それでもちゃんと演奏も出来たし、ハングドラムの簡単な説明も、僕がハングドラムやゴミドラムをストリートでやることにこだわる理由も説明出来て、とても満足でした。ストリートライブだと、常に僕の前を通り過ぎていく何十人、何百人の人たちに立ち止まって欲しいと思うから常に相手の目や耳に刺激となるようなことをしようと心がけるので結構似たようなことをやってしまいがちなんですが、今回の場合は僕のハングドラム演奏を見たくて来てくれた人たちが、始めから興味を持った状態で来てくれてるので、スタートラインが普段より高い分、リズムの緩急や音の強弱をつけて、いわば「じらし」部分を作ることが出来たりして、自分自身とても勉強になったし、楽しかったです!

途中からは来てくれたお客さんにハングドラムを触ってもらったり、気づいたらみんないい感じに酔っ払ってて楽しく話してハングドラムやその他民族楽器の話、音楽の話を居酒屋のマスターも交えてお話しできて幸せでした。思えば途中からは僕よりほかの人の手にハングドラムがある時間の方が長かったな。笑

帰りも「そろそろいい時間なんで帰ります」と伝えてみなさんに挨拶をして雨の中ハングドラムを背負った酔っ払いが電車に乗ったのですが、気づけば終電でした。もうちょっと居たら電車乗れないところだった。笑

とにかくそれぐらい、本当に時間が惜しいぐらい楽しい時間を提供してくれた居酒屋 ふるやさんとマスター、スタッフのあかねさん、そして雨の中見に来てくれたお客さん本当にありがとうございました!!また是非あの場所で演奏したいと思いました!そして本当にいいお店なんで、気になった方は是非一度飲みに行ってください!写真は楽しすぎて撮り忘れたので酔う前に撮った一枚と、マスターに送ってもらったやつだけ!笑

20160213_094126440_iOS20160214_024934000_iOS

おめでたいニュース!

今日はとても嬉しいニュースがあります!僕はハングドラムのプレイヤーとして活動し、ハングドラムの普及をする一方、実際に欲しいと言ってくれる人のためにハングドラムの輸入・販売をしています。そして今回なんと、三木楽器心斎橋店さんにハングドラムを取り扱ってもらえることになりました!!これはすごい!!すごい嬉しい!!三木楽器ですよ!音楽に携わることをしている人なら一度は利用したことあると思います!あんな全国区の大きい楽器屋さんがハングドラムを取り扱ってくれるなんて!日本ではなかなか手に入りにくい楽器が、大阪のど真ん中の楽器屋さんに行けばあるんですよ!ある種革命です!!youtubeで見て触ってみたいけどなかなか現物が見つからず機会がないと思ってる人は是非三木楽器心斎橋店へ行ってみて下さい!値段も決して安いとはいえないのでネットで買うのには抵抗がある人もいるでしょう!僕はハングドラムが欲しいと思いながら売ってるところが見つからず悶々とyoutubeを見る期間が長かったのでわかる人にはとても幸せなニュースだなと思います!そしてハングドラムを全く見たことも聞いたこともない人が目にして興味を持ってくれる可能性も一段と上がる気がします。これを皮切りにハングドラムの知名度が上がれば僕はかなり面白いな。

今回、このなかなか高価な楽器を勇気を持って置いてくれる三木楽器心斎橋店さん、本当にありがとうございます!写真はそこのドラム・パーカッション担当の中島さんです!

20160212_070630461_iOS

ゴミドラムat 梅田

一昨日に梅田のヨドバシカメラでやってきたストリートライブの動画を一本公開します!!以前の扇町公園とはだいぶ違う雰囲気で夜の梅田にあうようにやってきたんで是非見て下さい!あ、すいません今の適当です。笑夜の梅田の雰囲気って何?笑 まあでも機材も少し増えたりして結構テンション上がってるんで見て欲しいのは本当です。見たら分かるんですけど、今回鉄琴が増えています!!これは「ゴミドラマー」としては恥ずかしい限りなんですが、この鉄琴実は買いました。笑 「ゴミドラマー」を名乗りながら買うなんて、しかも鉄琴って普通の楽器じゃん!って突っ込んだり怒ったりする気持ちもあるでしょう。でも、僕は鉄琴という楽器の音色がすごく好きで、なおかつこれをゴミドラムのセットに組み込んだら絶対面白いと前から考えていたんです!そして鉄琴は誰も捨ててくれなかった!だから仕方がなく買ったんです!!!笑 いや、でも本当は鉄琴もっと上手いこと使ってあんな感じやこんな感じでやりたいんですけど、まだまだ難しくて今回はあまり活かせてないです。

それにしても今回はパソコンとの闘いがとても疲れました。何てことのないただのタイトルを付けるだけなのに何故か何回やっても複製したらタイトルがつかない………。そんな作業に時間を取られ、パソコンに向かってずっと暴言を吐いていました。笑

まあそんな僕のパソコンの使えなさはどうでもいいんで、どうぞご覧ください!!ハングドラムはまた後日!

梅田でストリート!!

今日は告知していた通り、梅田のヨドバシカメラ前でストリートしてきました!!前回の扇町公園での反省を活かし、中に着込んで行ったのでそんなに寒くなかったです。笑

まあ見てくれる人の数が違うね。かなりたくさんの人が通りがかって、たまに立ち止まってくれて、写真撮ってくれて、話しかけてくれてすごい嬉しかったです!また新しい繋がりも持てて、本当になんというか、プラスしかないのでめっちゃ楽しいです!僕は結構梅田という場所でストリートをやることにこだわりを持っていて、たくさんの人が行き交う場所でありながら、難波やアメ村みたいに楽しいことが外面に出ることが少ない場所だなと常々思っていました。もちろんオフィスが多い所だし、みんな仕事で疲れてるだろうし、それぞれの人にそれぞれの場所でそれぞれの楽しみがあるのは分かっているんですが、もっと日常的に楽しかったら最高じゃん!って思うし、絶対に梅田だからって理由で澄ました顔でちょっと本性隠してる人だっているだろうし、そういう人たちの心の中に、何か新しいアクションを与えるきっかけになれば最高だなと思います。

例えば、今日話しかけてくれた人の中には「スチールパンとは違うものなんですか?」って言ってきてくれた人がいて僕はすごい嬉しかった。女性が一人でこんな路上でやってる奴に話しかけてくるなんて少し勇気がいったんじゃないかな。でもそれだって僕がその時その場所でハングドラムを演奏してたから出来たきっかけで、そうじゃなかったら何のつながりもなくただすれ違うだけの人だった。何が言いたいかっていうと、大体の人は少しきっかけがあって話してみれば変で面白い人ばっかりなんです。でも普段からすれ違う人全員に「少し僕とお話ししましょう」なんてナンパまがいのこと出来ない。だから僕は僕のやりたい方法でアプローチをかけるから、次はそれを見た誰かが、僕に直接じゃなくてもいい、何かを起こしていって欲しいんです。ハングドラムやストリートドラム、リズム自体ののカッコよさを僕のことを見て感じてくれたらそれはもうすごい嬉しいけど、そういうきっかけとしても使いたくて、僕は自分が頻繁に利用する梅田という場所に少しこだわりを持っています。またこの場所でやるでしょう。通る人は毎回違うんだし。

とりあえず動画はまた明日以降アップするとして、写真を載せます!今日見てくれた、あるいはどこかから応援してくれた人たちありがとうございました!!

使える20160208_094906448_iOS

居酒屋でハングドラム!

ライブ告知第2弾です!

2/13(土)に僕の地元豊能町からほど近い兵庫県川西市にある「居酒屋 ふるや」さんでハングドラムのライブを行います!!いつもバンドの方で利用している音楽スタジオに出演者募集のチラシがあったのを見つけて連絡したんですが、ドキドキしながら挨拶に行ってみるとめちゃくちゃ気さくで明るく音楽が大好きな直人さんという店長さんと、本当に仲の良さそうな女の子がいて「是非やって下さい!」と快諾して頂き、今回ライブを行うことになりました!室内で、はっきりと告知をして演奏会を開くのは初めてだけど、素敵な居酒屋さんでハングドラムの音色がいい肴になれば嬉しいです。ハングドラムで流しをするってなんか異次元レベルだけど、場所を問わない僕のスタンスにはすごい合ってる気がします。笑

阪急電車「川西能勢口」駅から徒歩5分ぐらい、川西市役所のすぐ近くにある「居酒屋 ふるや(〒666-0013  兵庫川西市美園町1-3)」さんで、20時頃から開始する予定です!終わりは特に決まっていません!笑 チケット代もないし、土曜日の夜、お酒を飲みながら珍しい楽器の素晴らしい音色を是非堪能しに来てください!僕はまだふるやさんでご飯を食べたことはないけど、その日はたらふく飲み食いさせてもらうつもりです!笑

まあこんな感じで僕から気になったらもちろん出向くし、僕やハングドラムやゴミドラムが気になった方は、どうぞお気軽に連絡して下さい!むしろハングドラム演りたいねんけどって方も、連絡してくれれば販売もしています!

カタツムリよりもスズメになりたい

ある日、絶対音感を持つ姉にハングドラムを披露したときに姉にこのハングドラムで何か既存の曲は出来ないか尋ねたところ即答で「コンドルは飛んでいく」と言われたので、今回これをやりました。笑

この歌詞も色々あるそうですが、そこらへんは置いといて、まず一番のAメロ、「カタツムリよりもスズメになりたい」………?え?僕は戸惑いました。英語でいうなら「I’d rather be a sparrow than a snail.」そして二番のAメロが「I’d rather be a hammer than a nail.」なのでsnailとnailを掛けたくてこういう詩にしたのでしょうか。いや、でも「釘よりもハンマーになりたい」か〜。まあ、狩る者と狩られる者、打つ者と打たれる者っていう話なんですかね。

カタツムリかスズメか。今までの人生で悩んだことのない二択です。もしある日神さまが現れて「お前をカタツムリかスズメに変えてやる。今すぐ選べ!」なんて言われたらどうしよう。高いところは好きだからスズメでもいいけど、上手く飛べる自信があまりない上に、あんまり周り見ないからガラスとかに気づかずぶつかって気絶して地面に落ちて車に轢かれたりしそうだな。カタツムリなら、葉っぱをムシャムシャして殻にこもって眠って、雨上がりには元気に動き回って気持ちよさそうだけど、小学生に捕まえられて無理やり引っ張り出されたりしたら嫌だな。迷ってる内に呆れて見逃してくれないだろうか。笑

では、どうぞ。

ストリートライブ告知!

Facebookではすでに告知しましたが、2/8(月)に、大阪は梅田にありますヨドバシカメラの駐輪場前あたりで、19時頃からストリートライブします!かなり情報がフワッとしてるのは、場所と時間の確保がそのときになるまでお約束出来ないからです。笑

月曜日のお仕事終わり、一体どんな反応がもらえるのか分からないですが、久しぶりのストリートだし、多分今までで一番多くの人の目に止まるだろうから、めちゃくちゃ楽しみです!ライブハウスに行く時間がない?お金がかかる?行ったことない?怖い?めんどくさい?仕事忙しい?そんなの全然関係ないよ!音楽を楽しむための条件なんてハードルすごい低いんですよ!だから僕が、みんなが普段通る道で遊ぶから、みんなも好きに反応してくれたらすごい嬉しいです!ちょっと立ち止まって、そのまま立ち去っていく人の中にも変なシコリとか情熱の欠片みたいなものが残ることがあるってことを僕は知っています。だから、僕に直接反応が返ってこなくても、僕は僕のやり方で楽しんでやります!もちろん、話しかけてくれたり、音に乗ってくれたりしたら僕はすごい嬉しいけど、そうじゃなくてもいいんです。音楽の楽しみ方は人それぞれ、僕も、あなたも!

というわけで、お待ちしてるわけじゃないけど、僕が出向く先に、多くの楽しみがありますように!!

関西大学堺キャンパスへ!

バンドの方が少し予定が立て込んでいたので、久しぶりの更新になってしまい申し訳ないです。

今日は小学生からの友達に紹介してもらい、関西大学堺キャンパスにお邪魔してきました。僕も関西大学出身ですが、こっちの堺キャンパスに行くのは初めてでした。そして、そこでヨガなどを通じて、身体を動かすことが身体だけではなくこころにも影響を与えることを実践的に研究、教育されている小室弘毅先生とそのゼミ生の方たちにお会いしてきました!小室先生は、子供のような純粋な好奇心と研究者としての豊富な知識を併せ持った方で、僕のような髪もヒゲもボサボサの若いやつの話を熱心に肯定的に聞いてくれ、それに対するフィードバックが僕の知識欲やかゆいところをつついてくれるとても気持ちのいい方でした。その先生のゼミに所属する生徒の方たちも、先生の様な柔軟で自由な心と考えを持ちながら、各々の興味にそれらを活かしている素晴らしい方々でした。

最初に駅に着くと、みなさんでお迎えに来てくれて、お昼を食べながら自己紹介をしてもらい、ゼミ生の方がそれぞれ何に興味を持っているかなどを聞きましたが、その時点で僕の知らない世界がたくさんあって面白いと思いきや、意外に共通の友人がいたりと驚きもありました。そのあとは先生の研究室へお邪魔したのですが、本の多さとゼミ生のくつろぎっぷりにビックリしました。笑

そして別室でハングドラムを演奏させてもらい、みなさんとても興味を持って聴いてくれて、そのあとは自分で触って楽しんで頂けました。ハングドラムは指を使って演奏する楽器なので、演奏する人によって音色が全然違い、それぞれの良さがあって僕も気持ち良く他の人が演奏しているのを聴かせてもらいました。ゼミ生の中には気持ち良くて途中で寝てしまう人もいて、全員が自由な心で行動する、柔らかい空間でした。小室先生とも次につながるお話をさせてもらい、今後も素敵な関係でいられそうな予感がします。

堺キャンパスには目玉の運動場があり、写真では少し見にくいかもしれませんが、かなり高い位置に紐と、上からロープが垂れ下がっていて、紐の上をロープを伝いながら歩くのですが、このロープが人が二人で手を繋ぎながらじゃないと掴めない距離にあるという、命の危機感と隣り合わせの状況で他人とのコミュニケーションを取ることを目的としたアスレチック器具があったり、僕にはとても前衛的で大胆で面白い教育を目指している校舎に見えました。先生たちの部屋も別の建物ではなく、授業を行う教室と同じ建物内にあるため、自然と先生と生徒の距離感が近くなるという素晴らしい場所でした。

3月ぐらいにまたこの人達と面白そうなことができそうで、今からワクワクしています。

今日は小室弘毅先生を筆頭に、ゼミ生の方たちにもとてもお世話になり、ありがとうございました!!!

20160201_033946624_iOS 20160201_055527037_iOS 20160201_090230000_iOS